歯科でキレイな歯をキープ~キラッとスマイルに自信~

歯科

自然な使い心地

失った歯がよみがえるインプラント

白い歯

歯科治療のひとつにインプラントがあります。インプラント治療とは、歯を失ってしまった場合に顎骨部分に金属製の人口歯根を入れて歯や入れ歯を支える土台とする事です。この人口歯根を通称インプラントと呼びます。その制度は非常に高く、本来の歯と比べても何ら見劣りしません。強度も十分にあり、自分の歯のように噛む事が出来ます。歯は咀の際に重要な役目を果たす部位であるため、インプラントによって食生活が充実したものにかわり快適なライフスタイルを取り戻せるという事です。インプラント治療の成功に必要な要素は、インプラントの周辺部分に骨が出来、自分の骨としっかりくっつくことです。歯科医の技量に左右される治療法でもあります。

インプラント技術の進歩

医療技術の進歩によって、インプラントに使用されているチタンという材料は、工場で製造されてから時間がたつ事によってインプラントの周辺に骨を作る特性が低下していくことが最近の研究で判明しました。それゆせにインプラント治療を行う歯科の大部分は、性能格差を無くし性能が低下している現状のインプラントを工場でつくられた初期状態に戻すことのできる光機能化技術を用いているケースが多いです。これによって骨を作る能力を最高の状態にすることが可能になりました。もちろん毒性や材質の劣化などはありません。インプラント歯科治療の成功率は格段に上がり、治療期間の短縮、より強度な骨との結合、神経麻痺や血管損傷などの合併症の低下というメリットももたらされる様になったのです。